Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘瑞牆’

指人形

指人形

 今日から会社はお盆休みという事で、昨日の夜にMajestyで東京の自宅に帰ってきた。休み初日はゆっくりしようと思ったけど、休み明けの仕事道具を忘れて来たのに気がついたので、今日は長野に一度戻る(^_^;)。昨日Majestyで夜に到着、今日は朝ごはんを食べて出発とは…..┐(´∀`)┌ヤレヤレ。
 長野への戻りは高速代がもったいないので下道。Majestyは30km/Literぐらいの燃費なので、高速さえ使わなければ片道1200円も掛からない(^O^)。4時間ちょっと下道走ってアパート着、部屋にあった食料でお昼を作った食べた後、ドクロベェに乗り換えて東京へ引き返す。途中、いつもの様に瑞牆へ寄り道は忘れない(^O^)。
 瑞牆には15時過ぎに到着、早速指人形。天気が悪かったので岩は湿気ってる…..。それもでまぁ濡れているって訳ではないので、何度もチョークアップしてトライする。前回はmoveが繋がるってことだけは確認できたので、全部のmoveを繋げるのが今日の課題。前回も出来なかった右手の返しと足上げがやはり難しくて苦労したけど、ポイントが分かってできるようになった事もあり、スタートから通してリップランジまで繋がるも、これがやっぱり止まらない( ;´Д`)。リップが止まれば終わりなんだけどね〜。
 ってことでこのmoveだけ練習してみる。リップを取る位置が悪いのかな?と位置を変えながらやってみると、少し左目を取ると止まる事が分かった(^O^)。
 時間も無いので、今日はここまで。RPは連休最終日に長野に帰る時のお楽しみということで(^O^)。

Read Full Post »

  瑞牆錬一日目が無事終了した後、そのまま居残り夜を待つ。と言ってもまだ陽が高くて、そのまま待っていてもつまらないので、夕暮れの瑞牆山をタイムラプス撮影してみた。夕暮れを撮るので露出はオートで撮ってみたけど、やっぱり上手くいかない。夕暮れはどうやって撮れば良いんだろう???。
 

 日没しても空はさっぱり暗くならないし、なんだか薄雲が空全体を覆っているようにも思えて、こりゃ待つだけ無駄かな?とも思ったんだけど、急いで帰る理由も無いしね…(^O^)。日没から1時間ぐらいしてからやっと一つ二つと星が見えてきた。北方向には北斗七星と北極星が見えたところでポラリエの極軸を合わせ、まだちょっと明るい南から登ってくるサソリを撮ってみる。よーく見ると散開星団や干潟星雲、三裂星雲等が写ってるね(^O^)

ISO400 22mm f/3.8 60s

ISO400 22mm f/3.8 60s

 気がつけば、頭上には満天の星、天の川なんて久しぶりに見た〜v(^O^)v

ISO400 18mm f/3.5 180s

ISO400 18mm f/3.5 180s

ISO400 22mm f/3.5 180s

ISO400 22mm f/3.5 180s

 21時前まで瑞牆に居て今日は高速で帰宅、1時間半掛からずにアパート着。

Read Full Post »

 今週末に予定されていた四国組のRockTripは天候不順で中止(というか延期?)となり、ポッカリと空いた天気の悪そうな三連休….(^_^;)。ということで急遽東京へ帰る事にした。
 洗濯しながら朝ごはんを食べて、さて帰ろう〜。荷物は、シューズとマットとハーネスと……、3日間の休みの間に何処かでは登れるでしょ?、と一応準備は万全(^o^)。
 予定も無いので、東京へはのんびり帰ろうと下道で諏訪まで。朝もパラパラと雨が降り路面も濡れていたけど、諏訪まで来たら路面は乾いている感じ。こりゃもしかして岩も乾いてんじゃね?ってことで瑞牆に寄り道。瑞牆は雲は相変わらずどんより

夏への扉(1Q)

夏への扉(1Q)

【嘆きの岩】夏への扉(1Q)
 とりあえず、前回なんとなくmoveが見えた夏への扉がある嘆きの岩へ行ってみるが、案の定、途中の林道は雨でびしょびしょ….(^_^;)。こりゃやっぱりダメだろうなと思いながら、岩に行ってみるとスタートスタンスはちょっと湿気っているけど、キーとなるホールドは大丈夫そう(^o^)。雨の来ないうちにと、急いでマットを敷いてトライ。前回トライしていたヒールをトゥに変えたmove、トゥに神経を集中させバランスに耐えると、意外に簡単に扉の良い所を捕えることが出来た。扉が取れたら後は楽勝だと思っていたけど、タナに良いホールドが無くて、奥のリップを安心して狙えない。タナもジメッとしていて抜けそう….(^_^;)。ということで、今日はここまでで止めといた。あと一手出せば終わりなんだけど、一手出して人生終わりにしたくないしねぇ….(^_^;)。

指人形(1D)

指人形(1D)

【指人形】指人形(1D)
 もう一つ触ってみたかったのは、指人形。前回ちらっと撃っているのを見たけど、SDスタートだったんだよね〜。TOPOにはスタートは限定されていないので、スタートしやすいホールドからのスタートでトライ。前回はSDスタートの部分しか見られなかったのでほとんどホールドとmoveは分からなかったけど、moveするとホールドが自ずと分かって来るという不思議な課題。でもホールドはカッチカチで、指が超イタイ〜(T_T)。中間部のmoveはなんとなくわかったけど、最後のmoveは?、リップにどーん?。リップは飛べば届きそうな距離だけど、体勢が悪いなぁ〜。飛んでみると届く….でも振られて止められないよ….。何度も飛んだけど、止まらなくて指先に血が滲んできたので、もうこれで最後にしようとトライしたら、やっと止まった〜(^o^)。自宅に戻ってYoutube見たらどうやら右棚両手スタートが正解みたい(^_^;)、またやりに行かなきゃ……。

 植樹祭公園へ移動しておにぎりで昼食。三連休だからさぞや沢山の人が訪れているのだろうと思ったけど、やっぱり天気が悪いからなのか、いつもの休みより車が少ないしクライマーもほとんどいない。上に上がって泉の家をやろうかと思ったけど、雨粒もパラパラと落ちてきてるし、もう指が終わってるのでおとなしく帰ることにしました。林道を下ってたら、どっさり雨が来た、間一髪だったね(^o^)。

Read Full Post »

 昨日も瑞牆から下道だったので、20時過ぎに帰宅。で、今日も5時起き6時過ぎに出発して7時半過ぎに瑞牆に居た(^o^)。今日の天気予報によると午前中は曇りだけど午後から雨が降り出すとの予報だけど、空を見ると今にも降り出しそうな雲行き。今日は百鬼岩の場所を確認するのがメインだけど、岩はまだ乾いているし、まずは登ってから(^o^)。

泉の家(1D)

泉の家(1D)

【泉岩】泉の家(1D) 
 ネットにアップされている動画を見ると、左手を持ち替えて安定化させた後に右手を飛ばしてるのかな?。今日はぞれをやってみるが、バランスできるところを色々探して見るんだけど、なかなか左手をフリーにすることができない。でも、持ち替えたところで、そんなにも左手保持が良くなるようにも思えない…。って事で、前のままで良いじゃね?(^_^;)。となると問題は右手。右のポッケは保ちどころがないんだよねぇ。前に触った時には奥側に少し溝があった気がするんだけど、今日は感じられず。今日は奥側より手前側の方が掛かりがいい感じがして、そこで抑え込んでやるとなんとか動ける。といっても足の踏み替えもなかなか厳しくて、なんとか替える事ができても次のmoveまで右手が保たない。や〜難しい。

美しい日 スラブ(4Q)

美しい日 スラブ(4Q)

【美しい日】スラブ(4Q)
 時々パラパラと小雨が降り始めてきたので、とりあえず何か登っておかないとと思って思い出したのは、美しい日のスラブ(4Q)。前回来た時はびしょ濡れで登れなかったけど、今日はまだ濡れてない。濡れる前に登っちゃえっ!と急いでマットを敷いてトライ、1撃。折角だからもう一度再登してさっさと撤収。この課題、スラブの基本中の基本のようなスラブ課題。昨日ルートで登った5.9のスラブの方が絶対難しいんですけど….(^_^;)。

百鬼岩

百鬼岩

【百鬼岩】
 前回、前々回と見つけようと思って探したんだけど、見つからなかった。ネットで見たりOTKさんに聞いたりして今日やっと見に来れた。どうやらずいぶん手前から右に入ってしまっていたみたい。今日は天気が悪くて誰も居なかったので、ゆっくりと見ることが出来たけど、それにしても綺麗などっかぶりの岩だね。高野聖のホールドも確認したけど、あのポッケは果たして持てるのか?。その前にスタートを切れないだろうけど….(^_^;)。ここは雨の後、下地が川になるみたいですね。

 目的も果たしたし、どうしようかなと駐車場でウダウダ。時より雨もパラパラっと強くなったりするし、今日は閉店かな〜?。でもまだお昼前だし、ちょっと離れている指人形と嘆きの岩を見に行こうと車で移動する。
【指人形】
 道路の下にありアクセス最高。駐車場できるスペースには軽自動車2台ぐらいしか入らないか?。岩はスプーンカットされたフェースで小さなカチが散りばめられ、どうmoveするのか一見して分からない感じ。今日は1人のクライマーが撃っていたので、moveを見たけど面白いmoveだった。これは是非やってみたい(^o^)。

夏への扉(1Q)

夏への扉(1Q)

【嘆きの岩】夏への扉(1Q)
 エリアの最下にある嘆きの岩。行ってみるとカチと真ん中に走る扉のような皺が印象的な岩。これもなかなかおもしろそうな岩である。ホールドを見ているとmoveが湧いて来る。雨もまだ本格的に降ってこないし岩もまだ乾いているので、マットを車へ取りに行って登ってみると事にした。moveとしてはカチへの足上げから扉を取れば終わりかと思ったけど、足は上がるものの扉が取れない。もうちょっとやりたかったけど、急に空気が重くなる感じがしたので急いで撤収、車へ戻ってマットを積んだらバラバラと音を立てて雨が降ってきた。間一髪だったね。ここも道路から100m無いぐらいなのでアクセスは良い。

 さっきまで道路は乾いていたんだけど、この雨で道路もびしょ濡れ。これで今日は完全に閉店。だけど時間はまだ12時ってことで、松本のカモシカスポーツに寄って帰宅。

Read Full Post »

 今日はMMさんがカサメリ沢でルートを登るというので、一緒に行くことにした。ルートは去年の春先から夏に掛けて四国でちょこちょこ登っていて、去年は5.11まで登れてた。約1年ぶりのルートだけど、最近はちゃんとジムにも行っているし、外岩だってボルダーだけど登っている方だから、まぁ5.10台ならなんとかなるかと軽く考えていた…..(^_^;)。
 カサメリ沢はいつも行く瑞牆山にあることは知っていたけど、なにしろ瑞牆周辺は岩だらけだから、どこなのか分からない。百岩場もこの間購入したしなんとかなるべと思ってたけど、実際連れて行ってもらったら、百岩場だけじゃ辿り着けなかったな….。

【コセロック】トータルリコール 5.10b★★
 アップはこれ。MMさんがQDを掛けてくれたので、流れもわかったから楽勝だと思ったら甘かった。終盤に入るレストポイントを過ぎ、左カンテより移るホールドがなかなか見つけられず消耗。これしか見つからないよという小さいピンチホールドを使ってカンテ取り、そしてなんとか終了点に到達なんとかFL。最後はボルダーmove炸裂で全てを出し切って、この一本で今日は終わりな感じw。

【姐御岩】金のわらじ 5.12a★★★

姐御岩

姐御岩

 これはMMさんトライのルート。QDが掛かっているのでちょっと遊びで登ってみる。しかし下部のスラブさえこなせず、核心までも到達できないという難しさ….。

トラバント 5.9

トラバント 5.9

【納涼岩】トラバント 5.9★★★
 登れそうな課題ということで、選んでくれたのがこのルート、スラブである。スラブグレードは別物と言われるが今まで経験した事がないので今回が初体験だったけど、その噂は本当だった。5.9だと壁の中で立往生なんて考えられないけど、今日はずいぶん長時間壁の中に居させられた…..。なんとかOSはできたけど、スラブの難しさを改めて身に沁みましたよ…。

【姐御岩】ぞうりむし 5.11a
 金のわらじの右側にある立体的な形状を使って登るルート。丁度、プロクライマーのEYさんがスクールのみなさんをTRで登らせていたし、ホールドも大きくて悪くなさそうなので、案外簡単なのかな?と思ってトライ。最初のOWのクラックが楽しいんだけど、1Pを欠けるのが一苦労だった。2Pを掛けて3P目を掛けようとするんだけど、ホールドが見つからずここでテンション。レスト後再度3P目へmoveするも結果は同じ。結局ここから上には上がれず、下ろしてもらう。AK先生のお手本moveを見ていたらホールドはちゃんとあったけど、あれは壁の中で見つけられただろうか?。
ぞうりむし5.11a

ぞうりむし

レーザーズエッジ

レーザーズエッジ

【モツランド】レーザーズエッジ 5.10c/d★★
 時間的に最後の課題になりそうなので、最後は登って終わりたいので易しめのルートを期待したんだけど…..(^_^;)。このルートは切り立った刃先のようなカンテを登るという面白いルートではあるんだけど、なにしろグレードがミスマッチだから楽しむ余裕なんてなかったよ。中盤まではそこそこ登れたけど、中間部から少し上にちょっと刃先が鈍ってる部分があり、そこの処理を上手く出来ず力尽きてフォールとなる。レストしながらmoveを探してなんとか解決(多分正解ではないかもしれないが)して終了点直下まで上がれたけど、終了点にロープを欠けるためには、今まで登ってきたカンテから左に抜けなければならない。左に移動するためのホールドはガバが2個と小さいフットが1つ。小さいフットの下は何もなく地面が見える….。ここで身体が固まった。ボルダーならなんの躊躇もなく動けるmove、でもそれを今ここでは出来ない、そう思ってしまった。幸いレストできる場所だったので、もうこのままここから下ろしてもらおうか、いやここは勇気を出して行かなきゃ….と1人葛藤……。結局、なぜそういう決断になったのか分からないけど、中空の小さなフットに足を出してガバを取り、終了点にロープを掛けることができた。

 久しぶりにルートで登って高さに対する恐怖感というか、フォールに対する恐怖心が以前に増して強くなっているようだ。これを克服しないといけないんだけど、克服するためには登って慣れるしかないようだね….(^_^;)。

Read Full Post »

空振り….

フサフサ岩

フサフサ岩


 今週末も雨…..。なので今週も自宅へと移動。でももしかしたら、日曜日には天気が回復するんじゃないか?と、淡い期待を込めてどくろべぇにマットを積んだ。土曜日、6時に長野を出て高速代をケチって下道で移動。辰野は道路が川、諏訪の辺りは土砂降りだったけど、柳沢峠を越えて東京に入ると小雨程度。今週の雨は西の方が酷いのか?。
 明けて日曜日、東京の天気は曇りだったが時より薄陽が射す程に回復。北杜、川上村の天気予報でも雨マークが消えた。こりゃ午後は登れるかも….(^o^)、って事で長野へ戻る時間を早め出発した。降水確率は瑞牆の方が低そうだし、駐車場代500円払って登れなかったらガッカリなので、小川山ではなく瑞牆へ寄り道する。
 瑞牆までの道路の路面は乾いており、先々週のコンディションより良さそうな感じだったけど、マットを担いで登ってみるとどの岩もびっちょり…..Orz。今日はこれだけ触れればと思っていた泉の家もシケシケでダメでした。
 私の知る限り、瑞牆で一番乾きが早いだろうと思われるフサフサ岩へ行ってみると、カンテの部分だけかろうじて乾いていたので、今日はフサフサ岩で遊ぶ。フサフサ岩はTOPOでは1Q〜10Qとしか書いてない。おそらくカンテのラインは1番簡単なラインだと思うので、そのまま登れば10Qなんだろうね。ということで限定課題にして登ってみる。
 その1は、カンテスタート。カンテ左、ガバカチ右でスタートが一番簡単だと思ったので、両手をカンテからスタートしてみる。スタートがバランシーになってちょっと難しくなって6〜7Qぐらい?。
 その2は、カンテSDスタート。さらに少しだけ難しくなって5〜6Qというところかな?。
 その3は、カンテを右とし、フェース面を登るライン。ここもフェースの中間にガバがあり、限定が無いと簡単なので、スタートをカンテ右、フェース面下のサイドカチを左でスタートして、5〜6Qぐらい?。
 ということで、本日のクライミングはあっという間に終了〜。まぁ全然触れないより良いかな…..。折角来たので、まだ見てない岩を少しだけ見学。見た感じ良さ気なのは、倶利伽羅のカラクリ(1D)、倶利伽羅(1D)、千里眼岩の百里眼(1Q)、材木岩周辺 祭の花(1Q)などなど….。晴れていたら触ってみたいね。
倶利伽羅 倶利伽羅(1D)

倶利伽羅 倶利伽羅(1D)

 
 

Read Full Post »

瑞牆 大黒岩

瑞牆 大黒岩


 今日の天気予報では午後から天気が悪くなる。でも、金曜日に伊那谷では雨が降ってるし、瑞牆ももしやと思ったが、やっぱり降ったみたいで、道路には水溜りが….(^_^;)。

【皇帝岩】

皇帝岩 4Q

皇帝岩 4Q

 皇帝岩へ行こうとしたら、皇帝岩へ偵察へ行った人が戻ってきた。状況を聞いたら微妙な感じとか。ダメって事じゃないと理解して、皇帝岩へいってみる。前回登れず宿題になっている4Qのラインは、ちょっと湿気っているけど登れないという感じではなさそうなのでトライを開始。moveはわかっているんだけど、アップなしではチカラが入らず何度かトライしてやっと宿題終了〜。

【みんなの岩】
二重斜線 みんなの岩の二重斜線(4)が面白いと聞いたのでいってみたけど、写真の通りビショビショ。岩の上のコケが雨を貯めこんでるんだね…..。裏の異郷(初)も面白そう。トポには見た目とはえらい違いの難しさって書いてあるけど….www。

【美しき日】

美しき日

美しき日

 他の岩はどうかなと、ちょっと歩く。KUMITE(二)や百鬼夜行(三)が見たくて山登りをしてみるが、結局見つけることが出来ず(^_^;)。戻って三ノ谷エリアのまだ見たことが無い桃岩の上に行ってみる。美しき日は綺麗な岩だね。美しき日(二)は当然登れないので、裏のスラブ(4)でもと思ったけど、やっぱりビショビショだね〜。ということで今日は見るだけ。エレスアクべもチラ見して次のエリアへ。

【大黒岩】
 前回来なかった二ノ谷エリアへ。ここには大黒岩というデカイ岩がある(冒頭写真)。この岩にも課題が引かれてるけど、登る勇気がないなぁ〜www。ということで、当然見るだけで終了〜。

【泉岩】
泉の家 1人でできる課題として薦められたのは、泉岩の泉の家(初)。小さい岩でのトラバース核心のこの課題、youtubeでスタートとラインだけ確認しただけだったのでmove構築から。基本スローカチ課題って感じなのでかなり撃ち込んだけど、核心を越えられず…..。moveは分かったから次回行けるかな?。これは落とせる初段かもしれない(^o^)。

【残され岩】

残され岩 少年(3)

残され岩 少年(3)

 泉岩から下に下りながら岩探し。そういえば、残され岩に3Qの課題があったなぁと行ってみるとクライマーが1人、一緒に登らせてもらうことにした。スタートホールドとラインを教えてもらってトライ開始するが、なかなかの悪さ。あまり良くない足を上げて、ギャスで左上の薄〜いカチを取りにいく。何度がトライするとギャスで薄カチを保持するところまではできるのだが、その後動けない…..。一緒のクライマーも同じmoveだったので疑いもなくトライしていたけど、実は違うんじゃね?。よーく考えると左でギャスカチを取るより、右で素直にカチ取れば良いじゃん!!、って閃いちゃった。でトライしたら3撃!!。この課題の正解moveはもしかしてこれじゃね?

【フサフサ岩】
 残され岩からさらに下がって、計算岩の状況を見に行ってみたが、やっぱりビショビショだったので、一ノ谷エリアまで行ってみた。梟岩まで上がらなかったが、途中のフサフサ岩はアップに良さそうって事が分かった。コッチ方面でアップするならこの岩だね。

【光合成の岩】
 そろそろ上がろうと戻りつつ、目に入ったスラブ。トポを見たら、光合成(初)というスラブの課題が一本ある。初段のスラブってどんなだろうって触ってみた。が、離陸さえできないわ…..。いやいや、コレほどまでとは思いませんでした(^_^;)。

 2回目の瑞牆はこんな調子で登れたのは、宿題の4Qと少年(3)だけと成果はイマイチだったけど、やっと岩の位置関係が朧げながらわかってきたかな?
 

Read Full Post »