Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘王子ヶ岳’

王子ヶ岳からの眺め

王子ヶ岳からの眺め


昨日RUNしながら川の様子を見ていたが、何処の川も増水している。これじゃぁやっぱり山ボルダーは無理だね〜。ということで、予定通り王子ヶ岳へ行くことに。
今日の王子ヶ岳は日曜日ってこともありボルダラーも沢山居て賑やかですな〜(^O^)。
さてさて今日の成果は?

【入口エリア】
『スーパーカンテ』
アップ。宿題はSDスタートで手はカンテ持ちという限定。スーパーカンテSDスタートは3Qなのでカンテ持ちスタートは何Qでしょうね?。皆で撃ち込んだけど、やっぱりOTKさんが一抜け。その後横チンが二抜けしたけどワタシ抜けられず…..;^_^A。この時点で左の指三本が炎上。まだ一つ目の課題なのに早過ぎ〜( ;´Д`)。でもOTKさんmoveがわかったので次回は登れるか?。
『エイトマン』
指休めでトライ。2、3撃ぐらい。フリクション、バランス、ツブホールドへの乗込みとボルダリングのエッセンス満載のいい課題。グレードも4Q妥当な感じ。

【ニコニコ岩エリア】
『コアラ』
登ってみたいとずっと思っていたけどアプローチが分からず今日初めて触った。リーチ核心でグレードは1Q〜3Qが付いているけど、届いてしまえば簡単に感じる。2撃。上部のフリクションクライミングは高さもあり面白い。OTKさんお気に入りの一本に納得。コアラのラインの右の5Q位?のラインもなかなか楽しい。FLで一撃。
『気が向けばⅡ』
スプーンカットフェースの向って右面のカチカチの3Q課題。今日初めて触った。指に刺さる薄カチからリップを取りに行くこの課題は、とにかく指が痛い。OTKさんのmoveを参考に3、4撃ぐらい?。その後再登しようとしたが痛くて登る気にならず;^_^A。
『スプーンカットフェース』
これもずっと宿題になったままの1Q課題。ローカルのTOPOだと初段なんだけど、百岩でグレードダウンになってる。高松のクライマーと一緒に撃ってみるが2個目のカチが止められない。OTKさんは再登で一撃してるし(^◇^;)。やっぱりカチで右人差し指炎上。

20131028-174333.jpg

【東のエリア】
『エボシスラブ』
以前登った事のある小さな岩のスラブ課題。岩を見た一同はこんなの登れるよ的な雰囲気だったが、触ってその難しさを身を持って知る事にwww。こういう課題大好きです(^O^)。ちなみに2、3撃だったかな?。これも4Q、いいね!。
『やさしいカンテ』
ちっともやさしくないやさしいカンテ。カンテからスタートしようとしたらあまりにも難しく、Youtube見たらガバスタートで良いんだった。一度登っているのにすっかり忘れてます。ガバスタートからは一撃。
『グリコ』
最後はグリコ、左足に乗れなくて未登で帰るところだった。ミウラーvsの先っちょ見たらゴムがめくれちゃって踏ん張れてない。スーパーモックに履き替えて一撃、あぶなかった;^_^A。
『ノーハンド』
グリコをやりながらノーハンドをやるが、左足の乗り込みからの足上げが出来ず敗退。横チンは完璧にノーハンドをこなしている、やっぱり変な奴(^◇^;)。

今回で大分指皮がなくなったので、また指皮貯金してまた行くぞ!

広告

Read Full Post »

花崗岩の洗礼

花崗岩の洗礼


 今週末も日ノ御子へボス猫を撫で撫でしに行こうと思っていたけど、雨雲が四国南岸にあって高知にかかってくる感じで、天気予報の降水確率40%と高め(^o^;)。ひとりなら強行もありだけど、今日は虎のメンバーも居るので高知方面はパス。天気予報を見ると最高気温も25〜6℃ともう秋の気配。なら、そろそろ王子ヶ岳も行けるじゃね?って事で、急遽行き先を王子ヶ岳へ変更した。今日、花崗岩お初の二人がどんな反応を示すか楽しみ〜♪。
 当日の朝、四国の北岸であるみかんの国も雨がぱらついていたけど、瀬戸大橋を渡る頃には薄曇りから青空が見える位、気温もTシャツ一枚ではちょっと寒い位とクライミング日和となった。王子ヶ岳のPには9時着。シーズン中だとクライマーの姿が見えるんだけど、この時期登ろうという人はいない(^o^)。って事で、早速貸し切りのグリコ岩でアップ開始。
 久しぶりの花崗岩、指先にビリビリ来るね〜(^o^)。まずはスラブ7Q(じゃなかった。百岩では6Qにグレード改定されてたwww)をトライ。が、だれも登れず。しゃーない、見本見せてやるか〜とワタシも登るがあれ?登れない….(^o^;)、とマジモードにスイッチ入れて、それでもで数撃….。いやぁ〜この課題侮れんwww。その後、ムーンライトエプロン(6Q)は一撃、こっちはスラブより簡単ね。グリコ4Q(百岩では3Q)は右足乗り込みで2撃、左は敗退。
グリコ

グリコ

 林の中の木陰でお昼を食べて、ちょこっとギャンブルダイレクト(1D)を触る。前に来た時は、右側の棚を使って中間部まで触れてたけど、名前がダイレクトなので直上ラインが正しいラインだろうとトライするもバランス悪くて手が出ない。ん〜やっぱり難しい…..。
 午後は入口エリアに戻って、スーパーカンテ(4Q)とエイトマン(4Q)をトライする。毎回王子ヶ岳にくる度に必ず触る課題だけど、両方共曲者課題で良くドハマりする事もしばしば。でも今日は両方共2〜3撃で落とせて一安心。この2つの課題、実は遊歩道整備で下地が上がり、簡単なスタートができるようになってしまったらしい。また、スーパーカンテの右奥にもチョークがついてるけどこれも限定でのはず。もちろん、虎メンバーに安直なスタートや限定ホールドを許す訳は無く…..( ̄ー ̄)ニヤリ。この2課は誰も登れないかと思ったら、U-chanがエイトマン完登!、強くなったなっ!。ワタシはスーパーカンテのSDスタートvar.(3Q)もやってみた。もちろん右のチマチマしたホールドからじゃなくて、左右のカンテを抱えるスタートでのトライ。カンテでの送りに耐えてリップのスローパーを叩いたが止まらず…..。この課題で温存してきた指皮を一気に消費した感じ…..。でも、出来ない課題じゃないから、今度来たらまたやってみよ〜www。
 今日の締め括りにワタシの宿題になっているスプーンカットフェース(1Q)に行く。この課題も以前初段だったんだけど、百岩の改訂で1Qにグレードダウンとなった。既に指皮がやばい状態だったけど、折角来たんだし数便出してみる。moveは触りだして直ぐ蘇ってきた(^o^)。今日は左スローパーの粒も直ぐ分かって、右足もうす~い凸に乗れた。そこから左足をスプーン上部の割れ目まで足を上げて、左手をリップへ出せた…..けど左手にフリクションを感じることがなく、フォールする。今ままで登ってきた中で一番いい感じではあったけど、左手って何にもなくない(^o^;)?。やっぱり右手カチを先に取るのかな??。まぁ今シーズンは始まったばっかりだから、なんとか今年こそ落としたいね!

Spoon cut face

Spoon cut face 右手のカチはmm単位….(^o^;)

 さて、花崗岩のクライミングが初めてだった二人。おそらく、思った以上に登れなかったでしょうね〜www。パワーでガンガン行くクライミングも楽しいけど、掛かるかどうかわからないような、ちっさい結晶に乗り込んでじんわり登るクライミングもあって、それもまた楽しいって事が少しは分かってくれたら今回の花崗岩洗礼ツアーは成功なんだけど(^o^)。

【オマケ】
No hand 今日のグリコ岩でなにより嬉しかったのは、ずっと宿題だったノーハンドが登れた事。でも、パルチョったので、登れたとは言わないのかも…www。

Read Full Post »

Spooncutface(1Q)

Spooncutface(1Q)


 今日は虎メンバーの横チンとOTK君と3人で王子ヶ岳に行くことになった。王子ヶ岳のシーズンは冬、美味しい季節が終わらないうちに宿題を終わらせないとね….www。
 王子ヶ岳には10時頃に到着したけどちょっと遅かったね。アップしようと思っていた入口岩はグループクライマーで大盛況だったので、アップは省略していきなり今日のメインディッシュであるスプーンカットフェースへと進む。今日のスプーンカットフェースはチョークマークも無く綺麗な状態だった……ので、まずはホールド探しから(^_^;)。この課題、ハンドホールドは明確(といっても薄カチと指一本分の僅かな凹みがある悪いスローパー)なのだが、フットホールドはmm単位のゴミの様な花崗岩結晶。チョークマークを付けるのは、少し前に登って記憶も残っていて一番完登に近いOTK君、ワタシと横チンは、その登れるホールドを使わせてもらっちゃう訳だね(^_^;)。で、午前中一杯、撃って撃って撃ちまくったけど、結局3人とも登れず…..。撃ち過ぎて王子ヶ岳一課題目で指皮が終わり爪が終わる….Orz。登れなかったけど、自分的には2つ目のカチへのmoveが分かった(OTK君のmoveがcopyできた)ので、一歩また進んだかな?。でも、OTK君の登りを見ていたら、2つ目のカチが取れたら終わりだと思ってたけど、抜けも悪くてOTK君をもってしても登れないスプーンカットフェース、絶対1Qじゃないね(^_^;)。
 指皮が終わったので、入口に戻りカンテ課題をやる。スーパーカンテ(4Q)は数撃、何度やっても面白い課題、カンテ課題というより、マントル課題として名作だと思う。エイトマン(4Q)も数撃、前回は一撃できた程この課題のmoveは体に染み付いていたハズなんだけど…..。安藤君カンテ(2Q)は一度登っているんだけど、前回、今回とも再登ならず….。カンテにとらわれ過ぎてる??。OTK君は近藤さんカンテ(3Q)含み全完登、横チンはスーパーカンテの一完登。
 お次はファイブトゥエルブ岩崎(1D)を見に行くが、指皮が終わっている所で薄カチを持つ気がしないので、一つ下のハングマン(1Q)へ移動するも、これまたmoveが皆目検討つかずその左のベリーロール(5Q)で上へ。これは全員一撃www。
ギャンブル(3Q)

ギャンブル(3Q)

 時間も15時、そろそろ最後の課題ってことで、ギャンブル(3Q)が面白そうなので取り付くが苦戦。3Qなのに誰も登れない(^_^;)。粘りに粘って、横チンが怪しいmoveを捻り出し、そのmoveでOTK君が完登。横チンは遠いフレークへの1手が出せずに宿題。ワタシも勿論宿題となりました。

 
 結局17時近くまでフルに登った〜。王子ヶ岳も楽しいね〜、指先がボロボロだけど…..(T_T)

Read Full Post »

スプーンカットフェース(1Q)

スプーンカットフェース(1Q)


 どうやらこの冬一番の寒波がやって来ているらしく、みかんの国でも朝は小雪が舞っていた。今日も横チンと登りに行こうと言っていて、他にも二人に声を掛けていたけど、集合場所に集まったのは横チンとワタシの二人だけ。まぁ最高気温が6℃で強風注意報が出ている日に、外で岩に登ろうなんて物好きは他に居ないよねぇ〜(^_^;)。今日は、紅ノ峰にリードか昨日に引き続いて日ノ御子かと思ったけど、リードは登っててもビレイしてても寒そうなので、今日はボルダーの方が良さそう。でも日ノ御子はまだ増水していて登るエリアが限定されるし、恐らく昨日同様クライマーが多く、待っている間は寒そうってことで、今日は王子ヶ岳で登る事にした。王子ヶ岳は今年の正月明け直ぐ、横チンの外岩デビューに付き合って来て以来になるので、今年は王子ヶ岳に始まり王子ヶ岳に終わるのかな?。
 今日の王子ヶ岳も予想通り多くのクライマーで賑わっていた。でも王子ヶ岳は岩が沢山あるからね〜w。アップはエイトマンかスーパーカンテと思っていたが、先客ありスルーして今日のメインであるスプーンカットフェース(1Q)へ。スプーンカットも鳥取のクライマーが先に登っていたが、一緒にセッションさせてもらう。スプーンカットフェースは2年前に少し登って、その時はスローパーから足上げまで出来たが、次のカチへのmoveが全く出来なかった記憶があるが、当然の様にその時どう登ったのかmoveが思い出せない(^_^;)。セッションしながらホールドを見つけmoveを組み立てていくと、なんとか前回触ることが出来なかった次のカチまでmoveを伸ばせたけど、保持するところまでは至らなかった。このカチが取れればあとはリップへの一手なんだけどね〜。しかし….この課題だけで右中指の爪が割れ出血、指皮も早くもヤバい状態って、王子ヶ岳の花崗岩はマジヤバい….(^_^;)。横チンはというと、スローパーから足上げ2つ目のカチへのmoveまで来ている。やはり保持力の強さは流石な感じ。
スプーンカットフェース(1Q)2個目のカチ

スプーンカットフェース(1Q)2個目のカチ


 次は、安藤君カンテ(2Q)をやりたいという横チンのリクエストにお答えして、入口エリアに戻るが別のグループが登っていたのでまたまたスルーして、フラッシュゴードンカンテ(3Q)に行く。フラッシュゴードンカンテは毎回苦戦する課題。是非この苦しみを横チンにも味わってもらおう〜(^O^)。ホントは自分は登らずに居ようと思っていたけど、やっぱり久しぶりなので登ってみたくなって、触って後悔…..、この課題って左のピンチがメチャクチャ痛くて、人差し指の皮がトライの度に削れていくんだった….。かなり苦戦するも横チンは執念のRP。ワタシはリップで足が決まらず敗退。

 もう指皮がヤバいので、入口エリアに戻って安藤君カンテが空いてなければ撤収するつもりだったが、生憎空いてたので登る事に…(^_^;)。アップで隣のエイトマン(4Q)を登るがこれは一撃できた。
 で、安藤君カンテはというと、2〜3便目で中継粒無しで上部リップを捕える事ができたが、足が決まらず完登を逃す。その後何度かトライするも、陽が傾いてきてホールドが見えづらくなってきたり、集中できない状況だったりして、登ろうという気持ちが切れた…..。
 登りたいと言っていた横チンは、数撃での完登は立派、中継粒の存在も教えていないので(^_^;)、粒無しでの完登だしwww。今日は横チンに2連敗となり少し凹むが、自分の登りとしてはスプーンカットのmoveも進んだし、悪い訳ではなかった。とすると、やっぱり横チンが強くなってきているということを少し認めないといけないということか…..www。

安藤君カンテ(2Q)

安藤君カンテ(2Q)

 かなり寒くて辛いクライミングになるかと思って覚悟はしていたけど、意外にこんな気温や強風の日でも王子ヶ岳は登れるんだね。でもやっぱり登った後の指は穴だらけだし、指皮もだいぶ無くなってしまいましたが….(^_^;)。

指終了〜

指終了〜

Read Full Post »

王子ヶ岳 グリコ岩


 朝までには熱が下がって、元気に起床!する予定でしたが、朝の検温でやっぱりまだちょっと熱が…..Orz。高い薬もユンケルも効かなかった。こんな事ならやっぱり高い方のユンケルにしておけば良かったと後悔先に立たずとはこの事。今日は現地9時に集合なので、7時ぐらいに連絡すればまだ高速に乗っていないはずだと7時になるのを布団に入ったまま待つ事にする。でもなぁ….、彼らはクラッシュパッドまで今日に間に合わせて買う程の入れ込みようだっただし、このまま中止にしちゃうのも忍びない。”鉄は熱いうちに打て”と言うし、虎之洞には”若い芽は伸びる前に摘め”という格言があるし….(^_^;)。とりあえず、現地で外岩の登り方を少しレクチャーしてあげれば大丈夫だろうと、思い直して着替えてドクロベェで現地の集合場所に向かう。車の中で朝食と風邪薬そしてユンケルを飲む。

 今日のゲストである横チンとMIYA君と無事に合流して、集合場所から王子ヶ岳に移動、まずはグリコ岩でアップする。やっぱりまずはグリコ岩で花崗岩の洗礼を受けてもらうのが順序でしょう。グリコ岩は7Q〜3Q(グリコは100岩(増補改訂版)では3Qとなっている)までの課題があるのでアップに丁度いい。フェース7Qからグレードを上げながらぐるっと二人に回ってもらうが、ほとんど1撃から2、3撃で登ってしまう。おかしい…..初めて外岩を触る人にとって、ここの岩はそんなに簡単じゃないはずなんだけど…..。
 予想以上に登る二人にグリコ(3Q)を登ってもらうことにした。ここで少し辛い思いをしてもらわないと、連れてきた甲斐がない…..。と思ってすっかりこっちは休憩モードに入ろうと思ったら、あっけなく横チンが完登(・・;)。取り付きで2回程落ちてはいたけど、核心の乗り込みmoveは一撃!。なんじゃそりゃ〜(^_^メ)。
 こりゃーイカン、若い芽が伸びる前に摘まないと店長に叱られる….www。その後もやさしいカンテ(5Q)はMIYA君にも完登され、挙句はグリコより難しいはずのせいたかあわだち草(4Q)までいとも簡単に登られてしまう。ここまで登られると、面白くないので(もう二人だけで大丈夫なのでw)、エイトマン(4Q)、スーパーカンテ(4Q)の所に置き去りにして一足お先に撤収してきました。最後の2課題は果たして登れたんだろうか??(^_^;)

やさしいカンテ(5Q)

 今日の王子ヶ岳は、ポカポカと暖かく、のんびりギャラリーすることが出来て良かった。おかげて帰りに熱を測ったら36.8°Cまで熱が下がってた\(^o^)/

 今日は自分の新たな成果はなかったけど、久しぶりに触ったグリコが一撃できたこと、せいたかあわだち草の右足乗り込みでまた行けた事は、少しだけだけど以前より進歩してるって事を確認できたかな?。

Read Full Post »

外岩体験

王子ヶ岳のホールド


今日は、虎壁の”わたしを外岩に連れてって〜”ツアーで、王子ヶ岳に行ってきました。メンバーは王子ヶ岳には行った事がないというノハラさんと、外岩はほとんど初めてという円高コンビの3人と、高松のGO君とFさんのチームジャイアンツが加わって、今日はアウエーな感じが全くしない。(^-^)
まずはお決まりのグリコ岩でアップ。今日はグリコ岩で終わりかなと思っていたけど、最近メキメキ力を付けてきた円高コンビが良く登る。裏のフェース6Qまで登っちゃった(^◇^;)
ノハラさんは左乗込みでグリコ完登、流石です。次回は右ですね!www

グリコちう

フェース(7Q)

午前中であらかたグリコ岩が売り切れちゃったので、入口エリアの崖のフェースに移動する。ここはしっかりしたホールドがある6Qと5Qの課題が設定されており、グリコで疲れた指を休めるのに良い。また、前回”道場破り(5Q)”を作ったのでまぁ少しは楽しめるはず。そしてココは景色サイコーなので、ランチに最適。それぞれにみんな課題に取り組んで成果を上げてるので、ワタシは新しい課題を作る。新しい課題は、6Q両手スタートから左のフレークを取り左に抜けるライン。グレードは5Qですね。名前は”道場破り2”じゃなく、”自然怖エェ〜(5Q)”に決定、¥さん迷言集から戴きましたwww。

風が出てくるとここは寒いので東エリアに戻り、やさしいカンテ(5Q)を登る。が、スタートはカチからで良いんだっけ?すっかり忘れてガイド失格ですね(^_^;)。

王子の課題で名作だと個人的に思っている”せいたかあわだち草(4Q)”に触れて欲しいので皆さんをご案内www。バランス乗り込みはグリコも同じだけど、個人的体感グレードはセイタカの方が上だと思う。
皆でセイタカやってたら、王子の元祖と本家のお二人が登場して、隣のリタイヤメント(1Q)をサクッと一撃!すげー!!。60歳と仰ってたけど、自分はそれまで登ってられるかなwww。
この御仁達が言うにはセイタカは女の子用に作ったらしい。確かに絶対的なパワーが重要じゃない課題で、円高コンビも良いところまで登ってる!(◎_◎;) でもね、そこからが難しいんだよね〜www

セイタカ

もうそろそろ撤収時間が近いので、最後に入口の”スーパーカンテ”の核心であるマントルmoveを登ってもらう。マントル返しはなかなかジムでは出来ないmoveだけど、外岩だと普通にやる事になるので。経験経験。

10時から15時過ぎまでみっちり登ってもらって本日は終了。指皮が無くなって流血する人が出なかったので、大分抑え気味だったかな〜( ̄▽ ̄)。次回はビシビシいきますよ!

動画を編集したら爆笑DVDになりそうです。虎壁で近日公開予定ですので、お楽しみに〜

Read Full Post »

 11月にmura氏が四国に来て、王子ケ岳や遠見山を登った時のDVDがやっとできて、本日無事に納品してきた。ココまで時間が掛かったのは色々とあったからだ….。
 ウチの編集機材はiMacG5、ソフトはiMovie(Ver.8.0.6)で編集、そしてiDVD(Ver.7.0.4)でのライティングしているのだが、このどちらかのバグで、ある特定のチャプターを入れると音声が消えてしまう。これは、iDVDでライティングしてみないと音声が消えているかどうか確認できないのだが、ウチのiMacG5ではたかだか60minの動画のライティングに12時間以上掛かってしまうのだ。バグっているチャプターを見つけ出して一日掛けてまたライティングし直してという作業を繰り返す…..。さらにiDVDのラスタライズが荒くて、DVDにすると字幕がにじんで見難いと、またiMovieで字幕を入れ直したりと、時間ばかりがえらく掛かってしまった訳だ。もう暫くは動画編集やりたくねぇ〜って感じ。
 
 最近はこの2つのソフトもバージョンが上がっているので、こんなバグはないんだろうけど、残念ながらG5では走らない雪豹(OSX10.6)でしか動かなくなってしまったし。

 そろそろ、ソフト的にもハード的にも限界な感じのiMacG5君なんだけど……

Read Full Post »

Older Posts »