Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘Ubuntu’ Category

 今日はクライミングはレスト。
 久しぶりに走ろうかと思ったんだけど、午前中買い物に行ったら土砂降りに…..(^_^;)。地元野菜の直売所で出始めのトウモロコシを買って家に篭もる。トウモロコシはやっぱり地元産が一番美味いと思うので、自宅と実家にも送る。クライミングも出来ず、雨も降ってしまうとまったくもってやることがないってのはどうなのかね?。明日が出勤の予定で無ければ自宅に帰っていたのになぁ……。
 でもって、今日はUbuntuのバージョンを14.04LTSから16.04LTSへ上げてみる。Ubuntuは半年に1回バージョンが上がっていくんだけど、そんなしょっちゅう付き合っていられないって人のために、LTS(Long Time Suport)バージョンってのがあって、これが2年に一回来る。前回は14.04LTS(2014年4月)そして今回は2016年4月に16.04LTSがリリースされていた。4月にバージョンを上げても良かったんだけど、日本語環境で使うので、日本語Remixのリリースを待っていたのでこんな時期に。以前12.04→14.04は、HDデータはそのままだったような気がするが、今回はクリーンインストールしか選べなかったので、HDのデータを一度NASに移動させて、イメージを焼いたDVDで起動してインストール。
 ま、Ubuntuのインストールはとても簡単ですぐに16.06LTSが使えるようになるのだが、Linux系(だけではないと思うけど)の大変なところは、ここからアプリケーションを引っ張ってきて使えるようにするのがホネなんだよね…..(^_^;)。

 まずはデジカメRAWが処理できないと困るので、dcrawの最新版を入れたいんだけど、何故か9.21しか入らず、最新版の9.26が入ってくれない….。いろいろやって結局、ローカルdebファイルを依存関係を解決しながらインストールしてくれるGdebiっていうアプリケーションを使って解決できた。でも、Rawterapeeで見るD5500のRaw写真はちゃんと処理出来てない….。これはRawterapeeがVerupしないとダメなのか??。でも、14.04の時は見えていたような気もするしな…..。一応,dcraw9.26でコマンドラインで現像したtiffではちゃんと現像できているので、良しとするか…..(笑。

Read Full Post »

 自宅に置いてあるMacbook(2009)の動作がもっさりしていて、最近メインに使ってるコ♂にさえ遅い遅いと言われる始末。昔、iBookG4からMacbookに変えた時には爆速で感動したぐらい速かったのに….(^_^;)。特にコ♂が使っているログインユーザーが遅いので、一度OSを再インストールしてみるべとバックアップを取って、SnowLeopardからインストール。SLだとサクサク動く感じだけど、Mavericksにアップデートしたら何となくモッサリな感じ。それでも前より少し軽くなった感じかな?。
 このMacはCore2Duoだしもっとキビキビ動いて欲しいんだけど、Mavericksがすでに重いOSになってしまっているんだね。もっと軽いOSならキビキビ動くだろうと思ってしまよね?。となるとUbuntuの出番。現行の14.04LTSだってAtomサブノートでそこそこ動いている。Core2Duoなら処理速度に問題は無いはず(^o^)。
 んじゃ、Ubuntuとデュアルブート化だな!って事で作業を始める。沢山の先人達が居るので、その手順を参考に作業を進めるも、Ubuntuは起動できるのだがインストールで躓く。インストール準備の画面で、パーティションアンマウント確認の画面の後、インストールの方法を選ぶ画面が待てど暮らせど出てこない….Orz。Ubuntuのバージョンを12.04、13.10と替えてもダメ….。
 作業している後ろから、「Ubuntuなんてお父さんしか使わないし….」という生暖かい声がが…..(^_^;)。

 なんとなく敗北感。

Read Full Post »

製作中
 なんとか完成まで漕ぎ着けたい…..www。って事で、THSRの中で作業中。あ、でもTHSRは電源はあるけどネット環境は無いので、アップは空港についてからね(^O^)。

Read Full Post »

うし君の無線LAN

無線LANがつながらない!

無線LANがつながらない!


 前からうし君(Gateway LT-23)の無線LANの調子が悪かったのだが、とうとうダメになった。よく出張の時に持ち歩いていたが、これまでホテルの無線LANが拾えないという状態が何度かあった。でも自宅の無線LANではつながっていたので、ホテルのLANの問題だと思っていた。しかし数日前から自宅の無線LANとも接続ができなくなった。有線LANでは問題無いのだが、APは拾うが正しいパスワードを入れても認証で蹴られる….。APをリセットしたり接続設定を作り直してもダメ….。
 うし君、元々はWindows7のマシンだけど、常用はUbuntuである。もしやと思ってWindowsで起動して見ると問題無く無線LANは使える。ってことは、アップデートでなにやら余計な事をしてくれちゃったみたい(^_^;)。まぁLinuxの宿命みたいなもんですね。でも、無線LANに慣れてしまうと使えないのはやはり辛い。同じような現象が無いかとググってみると、あるある。その中に、アップデートの時に勝手にNetworkMnager.confの設定を書き換えられて使えなくなった事例があったので、早速コンソールからviエディタで書き換えられていると思われた箇所を修正。しかし、再起動して確認するも症状は改善せず….。さらにあれこれ調べてみたが改善できず。

 元々12.04に上げた時には動いていたはずなので、試しに12.04を再インストール。インストールの際にもLAN接続が必要になるが、無線LANでAPが表示されるので、パスワードを入れると問題無く無線LANで繋がった。そのままUbuntu12.04LTSをインストールして再起動すると、無線LANは接続出来ている。ただ、前と違うのは無線LANがONになっていることを示すLEDが点灯していないってこと(^_^;)。とりあえず無視して設定作業を進めていくと、プロプライエタリドライバーを追加しろと促されるまま、Broadcom STA無線ドライバーをインストールした。そしたら、無線LANのLEDは点灯したが、無線LANは切断されまた認証できない状態に逆戻り…..(T_T)。もしや、このドライバーが問題なのか?と、システム設定からこのドライバーを無効にしてやると、無線LANが使える(^O^)。

 とりあえず無線LANは使えるようになったが、以前と同じにはなっていない。ちょっと悔しいので、手動でドライバーをインストールしたりしてみたけど、このドライバーが有効だとやはり繋がらない。ということで、LED表示は諦め。実用上は問題ないからとりあえず解決ってことで(^O^)

Read Full Post »

 海外出張は色々と怖いので、海外の出張のお供は最近はうし君。iPadの時もあったんだけど、やっぱりキーボードがついてた方が自分にはあってる感じがする。うし君とはかみさんが付けた愛称である。本当の名前は、GatewayのB5ノート、Atomチップのいわゆるネットブックってやつね。子供の教材がWindowsベースしか無いってことで買ったんだけど、画面サイズが狭くて教材が使えないってことで、自分が引き取った。Windowsは嫌いだから、Ubuntu(今は12.04)入れて使っている。うし君ってのは、Gatewayの箱の柄が牛柄だから…..www。
 さてそのうし君だけど、Webとメールができれば良いな〜ぐらいのつもりで持ってきてるんだけど、(会社のPCは私用では使っちゃいけないルールなので、出張は2台PCを持ってきてます。^^;)今日は会社は休みで暇なので、やらなきゃな〜とずっと思ってた開拓エリアのトポをホテルで作ることにした。
 写真は、カメラからGIMP(フリーの画像編集ソフト)でトリミング処理をしてから、Inkscape(フリーのベクター描画ソフト)で課題のラインを追加する。ここまでは、いつもやってた作業。ここからTOPOにするとなると…..パブリッシングソフトがいるなあ…..。ってんで、Unbutuソフトセンターに行ってみたら、ScribusっていうフリーのDTPソフトがあったので、これを使ってTOPOを作ってみましょう(^^)。で格闘半日、なんとか完成〜(^^)。あとは中身の充実だが、こればっかりは戻って登らにゃなんともならん。

表紙は”黒本”(とりあえずね)


本文のところはこんな感じ


 Scribusってのは初めて使ったけど、案外使いやすい。こりゃいろいろ使えそうなソフトだね。昔は、PhotoShopとかIllastrtorとかQuark XPressなんかでしかできなかった作業だけど、今はみんなフリーのソフトでひと通りできるようになってんだね〜。(Ubuntuでもね)うし君の非力なパワーでもこのぐらいはこなせるんだね〜。ちょっとうし君見なおしたよwww。

Read Full Post »

VirtualBoxを使って、Macbook AirでUbuntuが使えることがわかったので、ちょこちょこと使える環境を整え始めたところでの備忘録。

【画面サイズ】
 VirtualBoxにUbuntuをインストールしただけだと、Airのワイド画面に対応しない。これを対応させるには、Guestadditionsをインストールする必要がある。Ubuntuにログインした状態で、VirtualBoxのツールバーのデバイス内にあるGuestadditionsのインストールを選択すればいいのだが、最初に出てくるダイアログを見逃して、オートランできない状態で数時間格闘するハメに。結局、マウントされる仮想ディスクを開くときに”オートラン問い合わせ”を実行すれば良い話だった。これを実行すれば、Airのフルサイズ画面でUbuntuが動く。

Read Full Post »

Ubuntu on Macbook Air


 なんだか、Lionイマイチ使いづらい。ってことで、MacbookAirにもUbuntu。(^^ゞ
 動作環境としては、VirtualBoxにUbuntu11.10をインストールしてみたが、画面サイズがAirのワイドサイズとマッチングしない以外はなんの問題もなくUbuntu環境が構築できた。所詮エミュレータだから処理速度はあんまり期待してなかったが、結構サクサク動く。
 いつもUbuntuで使っている動画編集ソフトKdenliveでのレンダリング処理時間を比較してみると……

 MacbookAir 103 Sec(1) 62Sec(4)
 AMD Phenom II 38Sec(6)
 うし君 336Sec(2)

 *カッコ内なコア数

 おぉ!、MacbookAirはUbuntuで十分つかえるパフォーマンスあるじゃん!

Read Full Post »

Older Posts »