Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2017年8月

ひさしぶりのトレイル


 週末また休日出勤かと思われたが、なんとか仕事が終わったので東京の自宅へ帰る。土曜日は天気が良かったけど買い物などしたりしてまったりして充電し、日曜日に走る事にした。先週ロングのつもりで走って15km過ぎで失速、20kmで脚が終わるという事態にちょっと危機感……(汗。やはりちょこちょこと短距離ばかりではダメだと思ったので、今週もロングに攻めたい。と言っても東京は暑くてロードでLSDは辛いのでトレランで。
 朝ごはんをしっかり食べて9時にスタート。今日の目標は9月のロゲに合わせて行動時間5時間を目標とした。装備は行動食と水500mL(ミネラルウォーター)+リザーブで250mL(水道水)とミネラル補給のためのジェル250mL。ルートは以前も走っているので地図は無し。あとは非常用シートとニュウモラップ。ウェアはいつもロードを走っている時と同じだが、先週の脹脛の疲労の反省から昨日購入したゲイターを履く。シューズはマゾヒスト。

いつもの所で

 とりあえず今日は無理をしないで5時間走るのが目標なので、登り坂は無理なら歩き、走れそうなところだけ走るという感じであまり追い込まないように自制するのが基本とする。なので、いつも長野に戻る日に登る赤ぼっこのタイムは47minと5minぐらい遅い。赤ぼっこからは梅ヶ谷峠へと降りるのだが、トレイルは途中で消失となる。僅かな踏み跡を辿って走っているとなんとなく違う感じ…..。少し戻ってよく見ると梅ヶ谷へと降りる踏み跡発見。このあたりは私有地っぽいので整備出来ないのかね…。ほとんど廃道で蜘蛛の巣と格闘しながら峠へと降りた。

梅ノ木峠

 峠の祠で補給し梅ノ木峠へのルートを検討する。祠裏からトレイルに入れるが、このトレイルもほぼ廃道に近いので恐らくは蜘蛛の巣だらけ….(^_^;)。という事で今日は林道で梅ノ木峠を目指す。この林道は勾配もそこそこなので走りやすい。途中、MTB乗りのオジさんをランで抜くw。その後シクロ乗りの兄ちゃんに抜かれたが….www。梅ノ木峠へは自宅から丁度2時間で到着。少し長めに休憩した後、日の出山へと続くトレイルに入る。

日の出山山頂

 日の出山頂上直下までは快適なトレイルなのだが頂上直下は急登なのでいつもは巻道で金毘羅尾根に抜けてしまうが、今日は登る事にした。登りは朽ちた階段と土が流れて露出した木の根なので登り難いよねぇ…..。頂上到着は丁度12時だったので頂上では沢山の人が昼食を取っているね。さて、自分はここからどうするか。予定通り金毘羅尾根で五日市に降りるか御岳へエスケープするか……。持ってきた水の残量を考えると五日市だとギリギリか…..(^_^;)。でもまぁリザーブもあるし大丈夫だと判断して頂上から金比羅尾根へと降りる。金毘羅尾根へのルートは道標にマジックで書かれた”金比羅尾根”が頼り。ってか頼り無い……(笑。とりあえず何回かは走っているので、その朧気な記憶を頼りに走る。金毘羅尾根も一部荒れていて少し残念な感じではあるんだけど、それでもやっぱり長くて楽しいね。でも快適なのは琴平神社までで、そこからの急坂で五日市市街まで下ると脚が完全に終わる。まぁ、ここで毎回だけど….。飲料用として持ってき水はやっぱり金比羅尾根の3/4辺りで尽きてしまったので、市街地に入って見つけた自動販売機で小さなPETボトルの炭酸飲料を一気飲み。やっぱり冷たい飲み物は旨い〜(^_^)。
 今日のゴールは駅前のセブンイレブン。ここでカミさんの車と合流。帰りは車でピューッと家まで、あっという間だね〜(^_^)。
 セブンイレブンでも500mLの飲料を買って車の中で飲みながら運転していると腕にブツブツが….。最初は草かなにかでカブれたのかと思ったけど両腕全体だし、なんとなく細胞に水が戻って言っているようにも見える。発汗量も多分ハンパないぐらいしてると思うので、それもまぁ可能性としてはあるのかな?。自宅に着いてウェアを脱いだら今まで嗅いだ事がないぐらい尋常じゃない汗臭さだったし。

 結局行動時間としては4時間42分とまぁ目標時間なみ。25kmで獲得標高も1350mだから内容としてもまぁまぁか。

 走り終わって、伊那谷に戻るまでが休日……。車で200km、基本下道で5時間弱。部屋に着いて、晩御飯を食べながら今日の臭いウェアを洗濯して、やっと本日終了〜。疲れたなぁ〜(;´Д`)。

広告

Read Full Post »

ジム錬20170822

 明日は出張で朝早いので、21時終わりを目途で登る予定でジムへ。先客はツヨツヨ2人….悪い予感(笑。聞けば、今日は5cで幾つか課題を作っていると…..。まぁアテにはならんけどね。
 早速一番優しい5c(そういう幅があるんだwww)から手を付けるが一撃出来ず。とりあえずmoveをコピーして登れたけど、まぁ5c…認めましょう(^_^;)。で、次、その次と教えてもらい手を付けるが登れず…..やっぱりね。大体、強い2人が一撃で登れない5cなんて5cじゃないでしょ?、オカシイって事に気づかないかな….。その後も課題を触るも結局今日登れたのは最初の一本だけ。まぁ一本登れただけでも良しとしなきゃね。最近クライミングサボってるからねぇ〜(笑。

Read Full Post »

アクティブレスト?6.6km

 日曜日に限界まで脚を使ったので2〜3日は走れないと思っていたけど、月曜日は少し疲労感があったものの、いつもとそんなにも変わらない感じだったので、今日は朝少しだけ走ってみた。
 きっと走り出したら疲労がどっと出て、ノロノロと走ることになるんだろうな〜なんて嫌な想像をしながらスタートを切る。走り出しちょっとペースが速目だったのか一気にHRが上がったが、その後落ち着いてくれた。脚の動きはというと、一昨日の疲労感もなく動いてくれるようだ。一昨日あんなに走れなかったのに….(^_^;)。展望台の折り返しも止まらずに復路へと入る。このコースで一番キツイ登り坂もいつも以上に快調に登りきれたし、下りストレートも4min/km台で走るという快走をみせ、いつもより早い時計でゴールしていた….(笑。
 想像と違う結果に驚くばかり。何か変化点があったのか?。日曜日のロングで追い込んだ事が良かったのか?。それとも何か…….、あ!、そういえば今日は久しぶりにMR00を履いて走ったっけw。シューズの違いか???(笑。

Read Full Post »

 お盆休み明けの仕事もなんとかこなして、やっと週末(;´Д`)。
 天気も良いし月曜日も休みなので、今日は体ボロボロまで使っても月曜日レストできるからとちょっとロングに走る予定にした。距離は少なくてもハーフ、30km走れれば合格って感じで。コースは伊那谷ぐるりな感じかな?。
 朝はいつも通り、洗濯しながら朝食をとり8時ちょっと前にスタートする。いつもの定番コースでまずは北を目指す。登りはHR140以下に抑えてゆっくり登る。5kmで給水後、下り基調だし順調(笑。天竜川まで下って来て、東の山を行こうかと思ったけど、良いルートが思いつかず、天竜川堤防を南下する事にした。しかしこの堤防、途中で支流の流れ込みや遊歩道が途中でブツ切れになっていたりで、途中田んぼの畦道を走ったり、車道を避けて山に逃げたりとあまり走るルートとしては良くないかも。

天竜公園でレスト

 なんだかんだで天竜公園で15kmだったので、ちょっと小休止。丁度6min/kmペースでまずまずな感じ。ここからさらに南下して伊那市境界辺りから羽広へ登ろうと考えていたが、休憩して走り出したら、あれれ??、足が動かない….。天竜川の土手のど平坦な道なのに…..。

もちろんガリガリ君

 走ったり歩いたりを繰り返しながら堤防上の道の端っこまでたどり着くが、これ以上南下するのは無理だと判断してここから帰路へ。持ってきた1Lの水もほぼ空となり、途中に補給できるコンビニもないので谷を登る前にコンビニで補給。もちろんガリガリ君は忘れない。ここまでで21km、もうほとんど走る気力無し。

 潜伏先まで残り6kmの登りはほぼ歩きでなんとか帰宅。思ってた以上に走れなくてショック…….(;´Д`)。やっぱりLSDトレはヤラんとね…。

Read Full Post »

一週間ぶり6.58km

一週間ぶりの朝Run


 一週間も走ってないと、走れるかどうか不安になってしまうねw。そのせいか判らないけど、走り出しからHRだけがうなぎ登りで、登りに入る前で既に160。体感的にはそんなにいってないって感じだったけど、とりあえず様子見で抑えて登るとHRは130まで落ちたので一安心…。またHRMの調子が悪いのか??。
 復路の下りでは腰の張りがヤバイ…..(^_^;)。腰回りを緊張させないにはどういうフォームが良いのかな??。これじゃロングは無理だよなぁ〜。

Read Full Post »

今年の夏休みは…0km

 今年の会社カレンダーでは12〜15までが夏休みと超短い。普通なら有休付けて休むところだけど、今年は仕事が忙しくてそれも叶わず。
 11日夜、仕事を終わらせてから東京の自宅へと移動、12日は仙台へ移動、13日はお墓参りの後、石巻へ。14日は東京へと戻り、15日に長野へと戻ってきて夏休み終了。移動移動の日々、夏休みの休みって意味がわかりませんね。
 一応、走れるようにと準備はしていったんだけど、ずっと天気が悪かったので走ることも出来ずでした。

Read Full Post »

オイルレベル3206km

3206km


 3000kmで交換かと思っていたけど、まぁまぁまだまだって感じなので、もう少し引っ張ります(笑。

Read Full Post »

Older Posts »